春になると、花粉症が猛威をふるいます。
多くの日本人が花粉症に悩み、いまやすっかり国民病の一つとなったと言っても過言ではありません。
花粉症は、正式には季節性アレルギー鼻炎といいますが、スギやヒノキなどの花粉が原因で、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎の症状を発症するものです。

昨今は、医薬品の研究が進んだおかげで、花粉症緩和の効果が大きい薬が開発されました。
米国で抗アレルギー薬として開発されたアレグラです。
アレグラは、花粉症だけではなく、ダニやハウスダストが原因で発症する通年性アレルギー鼻炎も全く同じ効果を発揮します。

アレグラの一般名は、塩酸フェキソフェナジンです。
従来からあった抗ヒスタミン薬というのは、副作用として眠気が出てくるというマイナス面がありました。
つまり、脳のヒスタミン受容体を阻害するために、脳が活動することにストップをかけるというメカニズムが働きますので、その結果として眠気が出てくるという現象があったのです。
アレグラは眠気の副作用がないので、車の運転をする人でも安心して服用ができるのです。
第二世代抗ヒスタミン薬のジャンルに含まれ、抗アレルギー作用を持ちながらも、眠気や口渇などの副作用もあまりなく、妊娠中の女性が飲んでも安全な薬として、非常に有名になりました。

そういった点でも、病医で処方されることはもちろん、2012年からは市販薬としてアレグラFXが発売されるようになりました。
アレグラFXは医療用医薬品のアレグラ錠60mgと全く同じ内容であって、薬局で購入することができます。
ただし、第一類医薬品に分類されていますので、薬剤師が常駐している薬局でしか販売することが認められていません。