• ホーム
  • 白樺花粉とさつまいもアレルギーにアレグラ

白樺花粉とさつまいもアレルギーにアレグラ

花粉症は、果物アレルギーと関係があります。
果物アレルギーは、口腔アレルギーを伴うことが多いです。
特定の果物を食べた時に口の中がイガイガしたり、かゆくなったり、腫れるといった症状があらわれます。
果物アレルギーになってしまうのは、植物の花粉症になった後に、その花粉と似た構造をしているたんぱく質が含まれている果物を食べると、果物アレルギーを発症します。

例えば、北海道に自生している白樺の花粉症になると、バラ科の果物の桃、りんご、さくらんぼ、いちご、とマタタビ科のキウイフルーツに対して果物アレルギーを起こす可能性が出てきます。
果物アレルギーは白樺花粉症の人に多いので、白樺花粉症の人は果物を食べる時には注意が必要です。
白樺は北海道や東北の寒い地域にしか生えていないので、この地方特有の花粉症と言われています。

食物アレルギーの人でも食べられるアレルギー対応食品もあり、さつまいもがよく代用食品として使われていることがあります。
しかし、中にはこのさつまいもに対してもアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。
下痢、腹痛、嘔吐、喉の痛みなどの症状のほか、じんま疹があらわれることがあります。
さつまいもアレルギーの人は、同じ根菜類のじゃがいもやレンコンにもアレルギー反応が出ることがあります。
さつまいもアレルギーの人はごく少数ではありますが、確率が0ではないのでおかしいと思ったら病院を受診して原因食物を調べてもらった方が良いでしょう。

じんま疹の症状を抑えるのには、アレグラが効果的です。
アレグラはじんま疹を引き起こす原因になるヒスタミンの作用を抑えて、症状を改善させる効果があります。
薬局でも病院と同様の成分と成分量の薬が販売されています。