• ホーム
  • アレルギー反応で鼻炎を起こしたら外来でアレグラ

アレルギー反応で鼻炎を起こしたら外来でアレグラ

アレグラはアレルギー性鼻炎や、アレルギー反応によるじんましん、湿疹、皮膚のかゆみなどに効果的な薬です。

アレルギー反応は普通は無害であるはずの物質に対して、免疫システムが過剰に反応することで起こる症状のことで、多くの人がアレルギーを起こす原因となる物質(アレルゲン)としては、スギ花粉やハウスダストなどが有名です。
アレルギー疾患としてよく知られているのは、季節性アレルギー性鼻炎の花粉症です。
スギ花粉やヒノキ花粉などのアレルゲンに反応した人たちが、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状を起こし、重症な場合は仕事や日常生活にも支障をきたすことがあります。
そのようなアレルギー反応による鼻炎が気になる時におすすめなのが、アレルギー外来やアレルギー科を受診して、アレグラなどの抗ヒスタミン薬をもらうことです。

アレグラは人の体内でアレルギー反応が起こった時に放出されるヒスタミンという化学物質の働きを抑えることで、ヒスタミンが鼻の粘膜などに炎症を起こすために起こっている鼻炎の症状を軽減出来るという仕組みの薬です。
アレグラはアレルギー外来の他、耳鼻科などでも処方されることがあり、アトピー性皮膚炎などが原因の皮膚のかゆみを抑える目的で皮膚科で使われることもあります。
また、アレグラは病院での処方だけでなく、ドラッグストアでも医療用とほぼ同じものが手に入ることが便利です。

アレグラは、古いタイプの抗ヒスタミン薬を飲んでいると起こることがあった口の渇きや排尿障害といった副作用がほとんど無いことが利点となっており、飲んでいても眠気が起こりにくいことも優れた点と言えます。
最後に、アレルギー性鼻炎には花粉が原因のものだけでなく、ハウスダストなどがアレルゲンの通年性アレルギー性鼻炎などもあります。
春以外でも鼻炎が続く時はアレルギー外来でアレルギーによるものかの診断を受け、アレグラで症状を抑えるのがおすすめです。