アレグラの主な副作用

どんな薬でもそうですが、アレグラにも副作用が起きる可能性があります。
どんな症状が起きやすいかを予め知っておくことは重要です。
そうすることで、これはもしかして副作用かもと早期に気づくことができるからで、逆に何も知らないと、そのまま長期にわたって飲み続けて重い症状に至ることもあるからです。

アレグラの副作用で代表的なものは、頭痛、眠気、それに吐き気です。
かつてアレルギー疾患によく使われた薬では、頭痛や眠気の副作用が起きることが非常に多かったと言われています。
それは、アレルギーは体内でヒスタミンという物質が作用することが大きな原因であり、そのヒスタミンの働きをブロックするために、抗ヒスタミン作用のある薬がよく使われていたことが理由です。
確かに、ヒスタミンの働きをブロックすることでアレルギー反応は抑制されます。
残念ながらヒスタミンはアレルギー反応だけにかかわっているわけではなく、中枢神経にも関与していて、神経間の情報伝達を行う物質を放出させる働きもあるのです。
このため、単純にヒスタミンの働きをブロックすると、アレルギー反応だけでなく神経間の情報伝達まで抑制されてしまい、その結果、頭痛や眠気といった症状が起きてしまうのです。

アレグラはこの点がかなり改善されていて、かつての薬よりは頭痛や眠気の起きる頻度は大きく減っています。
ほとんど眠気はないという報告もあるくらいですが、やはり、何も飲まないよりは頭痛や眠気が起きることがありますので、例えばクルマの運転などをする場合は気をつけておくに越したことはありません。
その他にも、腹痛やめまい、倦怠感といった症状が現れることがありますから、注意しておきましょう。